スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方位磁石は、当てにならない。

(追記にて、純華殿、vodka殿、紅一殿、しゃーく殿にコメレスありまする!)

*-*-*-*

気がつけば、辺りはすっかり夕日に染まっていた。
今の今までずっと方位磁石にばかり目を落としていたから、ふと目を上げると景色は野道から小高い丘に移っている。


街を出たのは先日で、事故が起きたのはいつものように次の街へ向かおうとした道中だった。
天気予報が外れて土砂降りの雨が降っている中、いつものようにバトルを仕掛けてきたトレーナーといつものようにバトルしていた時だ。その時戦闘に出ていた僕のコイルは、相手から「ちょうおんぱ」を食らって混乱状態に陥り、訳が分からず自分を攻撃した。その前に僕が「かみなり」を指示していたせいで、コイルは狂った状態のままいつもより激しい「かみなり」を自分に落としたのだ。
コイル自身はさして支障はなかったみたいだったが、その代わりに近くにいた僕の、しかもポケギアには高電圧のせいでショートしてしまうという相当な被害が及んでしまったのだった。

バトルは無事勝利をおさめたけど、それ以来ポケギアの電源はつかなくなってしまった。一度修理のために街へ戻ろうかと考えたけど、天候は最悪だし、なにより道伝てはポケギアに記憶させていた電子地図しかなかったのでヘタに動けない。僕は諦めてバッグから、もしもの時のために持ってきていたアナログの方位磁石を取り出す。やがて雨が上がると、僕は先に進む事を選択した。


あれからずいぶん歩いたけれど、慣れない場所ではやはり地図が欠かせないらしい。何の根拠も無しに進んでいた僕はいつのまにか―――いよいよ迷子になってしまったらしかった。街から離れた場所ほどトレーナーはあまり見かけないが、それにしてもこの場所は見晴らしがいいにもかかわらず、人っ子一人見かけない。
僕がため息をつきながら、方位磁石の針は当然「N」を指したまま、盤が「W」と示す夕陽の方向へ足を進めた――― その時だった。

進んでいる方向はそのままに、突然方位磁石の針だけがグルリと盤の中を一回りする。僕は一瞬目を疑った。だけどそれは残念な事に錯覚ではなく、さらに速度を増して奇妙な動きすら始めてしまった。僕はただ目を丸くして、次に樹海への道に踏み込んでしまったのかと冷や汗をかいた。
僕がそうやって焦っていると、ふと手元が陰る。驚いて顔をあげると、目の前にはいつの間にかモンスターボールから勝手に出てきていたコイルが、驚いた僕に驚いて丸い目をさらに丸くしていた。
胸をなでおろして再び方位磁石に目を落とすと、針はピタリと目の前を指して落ち着いていた。僕はふと怪訝に思って体ごと違う方向に向けると、針は全く揺れず水平を保ったまま意地でもさきの方向を指している。樹海疑惑の犯人が分かると僕は眉間を寄せて、夕陽の逆光を浴びるコイルに顔をあげた。コイルは始めからそのつもりだったらしく、意地悪そうに物騒な機会音の笑い声を上げる。

笑いが収まるとコイルは何を考えたのか、ついっと身を翻すとぐんぐん夕陽の方向へ進んでいった。僕はさすがに焦ってコイルを呼び止める。それでもコイルは聞こえないふりでもしているのか、止まるどころか反応すら示さない。その時僕は完全にしまったと思った。
コイルは僕から、道伝てであるポケギアのその機能を(故意ではなかったが)奪ったどころか、たった今方角を示し導くはずの方位磁石の機能さえも(これはいかにも故意に)奪ってしまったのである。つまり僕はこれを失ってしまった事によって、先に進むどころか後戻りさえも出来なくなってしまったのだった。


そのことにやっと気がついた僕は、唖然として足を止めた。そしてそんな僕の気配を感じて、コイルもやっと遊歩を止める。そして振り向いたコイルの目からは、勝ち誇った気持ちよりも「やっと気がついたか」と言わんばかりの呆れた気持ちの方が伝わってきた。
僕はため息をついて肩をすくめると、コイルからもう一度方位磁石に目を落とす。針は、相変わらずコイルの味方をしたまま僕の期待に動揺などしてくれそうにもなかった。そして再びコイルに目を上げると、まっすぐと見つめ返すコイルの目と目がぶつかった。

「針に振り回されてる旅よりも、怪奇でスリリングな旅をするほうが、君は好きなんだろ?」

そう言われているようにしか思えないのは、僕のただの思い込みだろうか。

太陽はどんどん沈んで闇影だけが伸びていく。このまま夜になって常識と針に振り回されて右往左往するよりは、僕曰くのコイルの挑戦に付き合ってやる方がマシなように思えた。完全に一本取られた僕は苦笑いすると、針の指す方向に方位磁石の盤の方位基準である「N」を――今は尤も役に立たないが、あわせてみる。進むべき道は、これで定まった。


「で、どの方向に行けばいいって?」

振り向いているコイルに笑顔で問いかけると、コイルはユニットに電気を走らせて納得の返事をする。そして再び僕に背を向けると、新たな進路を切り開き始めた・・・。




こいるbs



*-*-*-*


「相変わらず前触れなげーよ」って感じで始まりましたけどもね!(^ρ^)
ちょいキザなコイル描きましたぜ、ふっへーい!!

ということで、はい!ずいぶんお待たせしましたが、紅一殿のリクエストに答える事ができましたwww
え?お前考査勉強で神隠しにあう予定じゃなかったのって?ちょっと逃げてきちゃtt(ry

いやあまあ確かに下書やらペン入れする時間は無いと思ったんで、完全デジタルでなんとか描きましたけども。うむ・・・、ウパーのときよりはキレイに描けてるような気がしますがね、ユニットが規格外のガタガタさだよ!!(≧3≦)
でも金属光沢と夕焼けと手が楽しかったので満足だwww←


うんよし。なんとかこれ公開できたから今記事はこれでいいや!
ということでちゃちゃっと切り上げちまえぇぇぇぇええええい!!!(え

以上、大きいサイズも載せておきまするぜ!

*-*-*-*
大きいサイズのコイル、コチラ!

koiru.jpg
*クリックで拡大!*


*-*-*-*


追記にて、純華殿、vodka殿、紅一殿、しゃーく殿にコメントレ――――――ス、よーい丼!!



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

ゴーストをネタに遊ぶのが楽しくなってきた!(おま



心がけbs

*-*-*-*

はい、皆サマ戻って来てくださいな~!(笑

ということで、なんだか訳の分からん画質劣化したしかもポケモンの四コマ漫画モドキから始まりましたが!
いやあ、今作品のポケモンプレイしてたら、今までの作品にはそこまでなかった「感情移入」ってのがもの凄くてですね~。不本意ではあるが、最近とってもポケモンが楽しい店長でござります~。(むしろ本意だろ


前記事のウパー絵からはじまり、じつはこれも含めポケモン絵はいつのまにか4枚くらい描いておりますのよ。屯所での落書き含めたらもう少しあるかもしれんがなww
で、我輩には立派に「モンハン」という嫁があるので、浮khポケモン絵は極力ピクシブだけで公開しようかと思っていたのですが、「ピクシブにしたら観覧できぬ!」と社長から文句を言われてしまいましたので・・・というのと、確かに加熱気味のこのままでは更新すらされないかもしれない放置が始まってしまいそうなので・・・折にこっちでも公開するようにしましたぞよ。(^^;)ゝ

なんというか、うむ、思い浮かぶ絵のネタも正直ポケモンしか出ねww
ということでしばらくは、抑えても「ぽけもん!ぽっけもん!」と騒いでいるやもしれませんが、どうぞこの浮気性を許してくだされwww


ついでにですね。楽しいからポケモン絵を描くってのが正直なところですが、どうせならポケモン絵を通して、今年はアニメ塗りもちゃんとできるようになろうかという魂胆なのでござります!(≧∀≦)
実のところ我輩アニメ塗りってのがどうしてもできないヤツらしく、まあ容量もいまいち分かってないってのもありますがね。ふと思ったんですよ。

アニメ塗りってのは、影と光のところの区別をはっきり塗り分けるじゃないでござるか。ってことは影のできるところと光が当たってるところが分かってる&それでいてそう違和感なくする必要があるじゃないでござるか。
つまり、たかがアニメ塗りであっても必要最低限さを試されるわけでしょう!?たかがアニメ塗りと思ってそれが出来ないということは必要最低限を分かってないということでしょう!?

そう思うと、色塗りの基礎はアニメ塗りで鍛えなおした方がいいかと・・・。リアル塗り(?)はその基礎を踏まえてグラデーションとか質感の応用性が必要になってくるのではないかと思え。


今年の抱負に追加しまする。
今年はアニメ塗りちゃんとできるようになるぞっ!!(≧Д≦)ノ


以前スクショっぽく描いたアンリの絵の時も思ったのですがね、ああいうのをバチっとしたアニメ塗りに出来たらある意味カッコイイじゃないですか!それにアニメ塗りだとあんまり疲れないしね!←
それに、いままでは影と光の境目をくっきり塗らなくてもボカシで何とかしてきてたんで、きっちりした塗り方も習得できたらいいなとかww それに慣れるまで、今のところは意外と苦戦してるんですよHAHAHAww



ということで、ついでに続作も見てってくだされ!(おま
先に載せた分はもともと四コマとしては考えていなかったんで、なんだかとってもgdgdでござりますが!追記に載せてる続編は、ちゃんと四コマとして考えて描きましたんで幾分かマシかと!それでもgdgdですがな!!

そんじゃ、見やすいように大きい分も載せておきまする。相変わらず劣化してますけどな!


*-*-*-*
大きいサイズの第一弾、コチラ!

心がけps
*クリックで拡大!*

*-*-*-*


では追記にて、奇跡の第二弾どーぞ!(≧∀≦)ノ




続きを読む

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

++(・ o ・)++


昼寝から覚めると、傍らに置いていた帽子と連れ歩いていたウパーの姿が見当たらなかった。


僕はとっさに草むらから立ち上がると辺りを見回す。途中、ほかのポケモン達をあてにしようかと思ったけど、よくよく考えれば彼らはモンスターボールに入ったままだ。行き先を知っているはずもない。
手分けして探しても良かったが、ウパーの性格からしてそう遠くへは行かないはずだし、すぐ見つかった場合捜索に出した彼らの収集をするほうが面倒に思えた。

僕はため息をつくと枕代わりにしていたバッグを担ぎ、木陰から日向へ出る。
目の前の草むらは若々しい緑に広がっている。しかし丈は同じくらいあっても、ウパーの水色の体となら明らかに見分けはつく。その緑のなかに穴を開けた様に点在する水溜りは、昨夜降った雨で出来たものだ。水溜りが退いたあとの地面でもまだぬかるんでいる所が多い。野生のウパーの生息しないこの辺りなら、いくら他の野生ポケモンの足跡があってもウパーの足跡との見分けは簡単に付くだろう。

そんな事を考えながら足元や周囲に目を凝らして歩いていると、少し先に生えている茂みがざわついた。
僕はとっさにベルトのモンスターボールに手をかけ構えたが、そこから出てきたのは、今まさに探している僕のウパーだった。ウパーは僕の存在に気付くと顔をあげる。

草むらから出てきたウパーはその頭に僕の帽子を被っていた。標準よりも一回り小柄なウパーと引きずられる帽子、あまりにも不釣合いな姿に僕は叱る気も忘れて大笑いする。するとウパーは気に障ったのか、怒った表情をしてずけずけと目の前の水溜りにお構いなく、帽子を引きずったまま入って進んでくる。僕が屈んで帽子を渡すように手を差し出すと、急に立ち止まった。怒ったまま、帽子の下の小さな目を光らせてひと鳴きする。なにか訴えているようだ。

僕はおおかた、僕が眠っている間に帽子が風で吹き飛んでしまってウパーがそれを取りに行ってくれたのだろうと推測した。だからウパーにも帽子にも泥がついているのだろう、と。そしてウパーの心情としては「わざわざ大変な思いをしてまで帽子を取りに行ってやったのに、笑うとはどういうことだ」といったところだろうか。

僕が「ありがとう」と言いながら苦笑して帽子を取ろうとすると、ウパーはそっぽを向いてその手をかわした。
そして僕の背後にせっせと回ると、帽子を被ったままの頭で僕の足を前へぐいぐいと押しだす。僕は目を丸くしてウパーを振り返ったまま数歩進むと、ウパーは焦れたそうな目をあげ、早く先に進めと言わんばかりに鳴き声をあげた。
そこで僕はウパーの訴えていたことを理解する。僕は帽子を取り上げるのを諦め、進行方向に足を向けた。たちまちウパーは機嫌を直したように嬉しそうな鳴き声を上げ、歩み始めた僕の後ろをちまちまとついてくる。


どうやら今日中だけでも僕の帽子は、ウパーの物になってしまったらしい。




いじっぱりボンシャン bs


*-*-*-*
(追記にて、紅一殿、じいやん殿に、コメントレスありまする!)


はい!ということで本日冬休み最終日の店長でござります!(orz
で、なんでまたポケモンなのかって?それはソウルシルバーをお年玉で買ったからです。
ちなみにさっきのウパーの絵はそれの記念。ちなみに名前は「ボンシャン」。ちなみにオス。ちなみにもうヌオーに進化してしまったよ、ちょっと悲しいけどBボタンは押さないことにした。←

いやあしかし、去年は断固としてモンハン主張を貫きポケモンと対峙してきた我輩でござりますが・・・。
最近モンハンを一緒にやる人がいない&時間の都合が合わないので、「狩猟」だけでなく「育成」もしようかとね。別に浮気じゃないぞ!今は狩る目的が無いだけだっ!(それって
まあモンハンのほうもまた新しいのが出るらしいので、そっちを楽しみにやろうかとww

で、ポケモンを再び始めた理由としては、我輩所有の旧作「銀」を兄者が友人に貸したまま二度と返ってこなかったのでクリアできなかったのと、シリーズの伝説級ポケモンも参戦して伝説ポケモンオールスター的なことになっているのが魅力だったのと、自分のポケモンに話しかけられるという観点かな。
ま、実はルビサファエメラルド時代のチャンピオンだったダイゴ様が第一の目的だったりするg(おまえ


まあそんなこんなで、ダイヤモンド・パール時代とは無縁なのでその辺りは分からないが、再びポケモン復帰したわけだ。
これが対立立場であるモンハンにどう影響するかって?そりゃあそのへんは我輩がマトモじゃない事をご存知であらば、自ずと見えてくるはずフッフフh((




以上、今回はこれにて!お先に大きいサイズも乗っけておきまするね~。

*ー*-*-*
大きいサイズのウパー、コチラ!

いじっぱりボンシャン ps


*-*-*-*

以下追記にて、紅一殿、じいやん殿に、コメントレ――――――――ス、よーい丼!



続きを読む

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

店内近況
気まぐれ店長・笹丼が、本日も私信調時々ナルシズムに、「呟 絵 音 狩」をクリエイトしているアジト。
twitter連動記事「今日もツイってんなう!」は2015年12月31日を以って、更新停止しました。このブログ完全放置プレイになる?そうですね!!←

※画像はサムネイル表示です。画像をクリックすると大きい画像で見れます。
*-*-*-*-*-*-*-
てことで、ちょっと分かりやすいように、手打ち記事の一番新しいのはコチラですよっとw↓
『更新ためてたモンハン作品のまとめUP!』(2011.6.18)


↓ブログについてはコチラをお読み下され!
「ブログについて」(別窓で開きます)
Let`s モンハン!!
総合来場客数
最新記事
最新コメント
記事検索フォーム
当てはまりそうなワードを入れてみそ!!
カテゴリ
月別記事一覧
別館の方とかで気になった記事を、月別から探せまっせ!
ツイッター@つぶやき &
pixiv@ブログログ (09'11'01~)

絵はクリックしたら詳細が見れるぞ!


店長生態記

笹丼店長(師走二八)

Author:笹丼店長(師走二八)
「3オチしても挫折はするな!」

星座は山羊座、血液型はAB型。
思考回路は少年<オッサン、たまにオトメ。
好きなものはモンハン全般、魔法とか竜とか武具とかファンタジックな物。
最近は完全にツイッターの方が拠点であり、ブラウザゲーム「刀剣乱舞」ばっかりやってる。合間でモンハンもちみちみ。

イラストは、版権>オリジナルの傾向に移りつつある。
モチベーションの消費期限と時間が足りないと言い張って、創作活動自体は少なくなってきてはいるが、その時ハマッたアニメやゲームの絵を描いてはなんとか繋いでいる。

*-*-*-*

副店長:師走二八 (しわす ふうや)

分身であり、ブログ外での顔。
師走での活動がほぼメインになっている。音楽投稿サイト『muzie』にて「MUSICA de FONDO」というアーティスト名で音楽作品を展開中。ゲーソンっぽいBGMが得意で気が向けば作る。しかし大半はお蔵入りで、UPに至るには納得と自信が必要不可欠。
オリジナル曲「NOT ALLOW IT」を、育成型ゲーム情報バラエティ番組『茶茶茶』様のエンディングテーマに採用していただき、なんとも誇らしげ。




*-*-*-*
ブログについてリンクフリーです。相互もウェルカム。たくさんの絵師様や狩人と繋がる事が夢。気軽に声をかけてくだされ!

特別リンク
リンク
バナーリンク
スペシャルでありますよ、スペシャル!!

幻想堂
しいたけ様のサイト



あず漫画研究会HP

a-45.jpg


鳥の巣スタジオ
大鷹様のサイト
banner2.jpg


週刊4コマ「さくさく」【本編】
旗幟真夜様のサイト
本編


4コマ「さくさく放課後」【続編】
旗幟真夜様のサイト
放課後


shiwasu-musix 
自創音楽発信サイト 管理人:師走二八



MONSTER HUNTER PORBLE 2ND G



MONSTER HUNTER 3 (tri-) 
mh3(tri-)_banner_s.gif

モンハン日記
ぽかぽかアイルー村 

banner_02.jpg

ぷりーず、ぽちっとな!
ランキングに参加してみましたでござる。お気に召しましたらどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。