スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は意外と、狭いでござる

世界は意外と、狭いでござる。

先ほど思いつきで「モンスターハンター」の公式サイトと、我輩の崇拝しているイラストサイト様のリンクを追加したでござる。

で、狭いと言っているのはイラストサイト様の方でござりまする。
かなり前から通っていたのであるが・・・・・・何故気付かなかったのであろうか。

なんと、その方、






同じFC2同士でありましたのでござりまするのでござりまするっ!!!!!!(メラ興奮中




うそん。

と、思いましたでござる。

そして、





FC2、最高。


と、思いましたでござる。


「世界は意外に狭かった」とは、まさにこのことですな。

結構狭いものです、世界。


ちなみにそのサイト様の主は・・・矢崎 鮎美様と申されまする。
ありえんぐらい素晴らしいでござる。我輩が目指すところは、ここにありまする。

あと、興味を持たれてサイト様にリンクしたい方に重要なことを言っておきまする。




矢崎様と我輩は、無縁の関係にございまする。
(それ、やばくない?


我輩がただ、「師匠」と感動の雨あられで崇拝しているだけでござりまするよ。(苦笑
まあ、コメントなどはご自由にしてもいいと思われまする。ただ、我輩の事を出しても何のことやら、でござりまするゆえ。

あれは、でございまするよ。
本当の神とは、あのお方のことでござりまするよ。


ぜひ、一度覗かれてみてくださいまし。

そして、




モンハンファンになってくだされ。(畏れ多きモンハン!!


以上。モンハン仲間を増やしたくて仕方の無い店長からのお願いでした。
スポンサーサイト

「お姉ちゃん、ごめんね」

お姉ちゃんごめんね。

今日は楽しかったよ。とっても楽しかったよ。

お姉ちゃん、正直言って最高の変装でした。

ちょっと店長の中で株も上がった。

要は変○ですね。うん。自他共に認める。

だから、ね?とりあえず。

もう少し――・・・生きさせてくれ。





うむ。何を真面目に読んでいるのだ?店長はここである。

本日は厄日でござる。と言うか、人災日でござる。

そもそもの始まりは屯所で仲間達と「あみだくじdeお題」をしていたのでござる。
たくさん線を引いて、何が当たるか分からない恐ろしい遊びでござる。
名前を書いてなぞってたどって・・・。行き着く先は、どこも「CHUOS」なのである。
全部で四回ほどやったでござる。気が付けば、もう五時を回っていたな。

第一回目の我輩が引いたお題は「ナース」を書くことでござった。
ふむ、ナースか・・・。しかし我輩、滅多に女子を書かなければナースなぞ全く(では無いが)書いたことが無いものでござる。とりあえず覚えているのを書いたでござる。


                           で。

そこで「レン」をナースに変装させたのである。・・・決して悪趣味では無い。悪魔でもお題なのだ!!
で、ちゃんと書いたでござる。あれは、我ながら似合っていたと思う。(痛い


その次は・・・ちょっと後悔できぬ。(何を書いたんだ

その次は・・・「パ○○ラ」。




無論、変装しているのは・・・・・・レンでござる。







書いた途端、







                                           
我輩の中で何かが崩れ去った♪(○□○川) ガタガタ



「ごめんね、お姉ちゃん。
そんなネタをしっかりかけてる自分が怖いよ。」
と繰り返しながら、意気消沈とした店長の姿がそこにあったでござる。(おい、自分

あっはっはっは。壊れましたでござるよ。

最後は「魔女」をかいたでござる。それはレンではなく、同物語のヒロインを書いたでござる。


むう。
記憶が飛んでいる。とりあえず大変だった事は覚えている。



あ、詰まらんでござるな。
とりあえずここで終っとくでござる。
はは。
はぁ・・・・・・・。

青鈍殿、






覚悟せよ。(ヤル気だこいつ



あと、友の皆様、途中死んでてすまなかったでござる。
では、我輩は晩飯を食べに行くでござる。

口調バトンでござる!

おはようございまする!昨夜と違って頭すっきりでござる。

前々からたまっていた(?)バトンの一つ、「口調バトン」に本朝は挑戦してみたいでござる。
法則は「この標準語を自分が普段使っている言葉にすること」らしいでござる。



・・・それ、かなりヤバいでござるね。(-д-;){ 我輩カナリ口悪イデゴザルヨ )





○今何してますか?

変換:「よお、今何してんだぁ?」  ・・・まだ大丈夫。



○上手ですね。

変換:「神か、貴様はっ!!」  テンションが上がると二人称が「貴様」に変わるでござる。



○この曲名は何ですか?

変換:「これ、何つー名前の曲なん?」



○それおもしろいですか?

変換:「それおもしれーのか?」



○それどうしたんですか?

変換:「どーしたんそれ~?」



○あなたに馬鹿って言われる筋合いはありません。

変換:「自他共に認めている事を今更言われんでも分かっとるわ!!」     ハハハ。



○あの人格好良いですね

変換:「ちょ・・・あれはいかんぜよ」



○あんたうざいんだよ

変換:「はははっ、うっぜーお前♪」  これ、最悪であるな。



○先生の馬鹿

変換:「ティーチャーのお馬鹿っ」  英語であるか。



○テレビ見よう

変換:「テレビ、つけようか?」



○おすすめはありますか?

変換:「何かいいの無い?」



○私って関西弁なの?

変換:「ウチって関西弁なんスか?」



○この問題分かりません

変換:「あ~あ、現実逃避っ!!」



○ジュース取って下さい。

変換:「そのジュースくれえぇぇ」



○この席は私がとっています

変換:「この席は私のものだ!そこを退き給え!!」  
    こちらも「貴様」と同じく、一人称が「私」になるでござる。



○元気にしてる?

変換:「生きてるか~?」



以上。後は回す者のご指名である。(五人もいないのであるが
とりあえず。

・純華さん
・おユキ
・AND YOU!(好きだな、そのフレーム


めぼしいのはこの辺りでござる。たくさん回すと次の方が大変になるらしい。心せよ。



日々、こんな口調の店長でござる。(うわ~
そのうち友が・・・―怖っ!!

我輩、バトンには付き合いますぞ!多分!!



では。

受験と言う修羅場を潜り抜けてきた兵達へ贈る馬豚

ただしくは、「受験を乗り越えた人に贈るバトン」だそうである。
回って来たので今答えるでござる。(眠いから




第1問 受験勉強をやり始めたのはいつごろですか?

応:明確に言えば中三の夏からでござる。塾とかでやっていた「夏期講習」とか言うのを境にやり始めたでござる。


第2問 どの教科からやり始めましたか?

応:始めは数学と英語ですな。特に数学。後、二学期の中間辺りから全教科に手を伸ばして行った記憶があるでござる。


第3問 一番ほっといたのはどの教科ですか?

応:英語。あれは単語だけ練習すれば後はどうにかなるでござる。


第4問 勉強するのは学校派?家派?

応:どちらかと言えば家派。しかしいろいろと誘惑には惑わされましたな。明確に言えば「塾派」と言うべきであろう。


第5問 記述模試の自己採点は、自分で部分点をいれる?いれない?


応:真実とは時に、ムゴいものでござる。


第6問 オススメの参考書はなんですか?

応:全て与えられけり。故に、ノーコメンツ。


第7問 受験期にいきつけだった場所とかありますか?

応:♪わたしの行きつけ、あ、ジョモだ♪


第8問 「マジ勉強してないよーやばいよー!」という友人の言葉を信じますか?

応:時にはけなし、時には嘲笑い、時には陰湿。
   要は、それは余裕のあるヤツしか吐かぬ言葉である、と言う事だ。(質問に答えろ


第9問 ターゲットは折って使う派?隠す派?

応:取っておいて無くす派。


第10問 「ドラゴン桜」読んだ?「ゴロゴ」覚えた?

応:「ごくせん」とどう違うのだ?「ゴルゴサーティーン」の間違いではないのか?


第11問 センターに散った。

応: ・・・桜が?


第12問 実はすべり止めにすべった。

応:むしろすべり止めのほうが高成績であった。ついでに「特待」も貰ってた。


第13問 受験はゲームだ。Yes or No?

応:それはリセットできるのかね?Yes or No?


第14問 塾に行ってた?何塾?

応:「明進館」―(改名)→「学研ゼミナール」―(途中脱退)→橋を挟んで隣の「明光義塾」。
  
  母上、父上。誠に苦労かけた。


第15問 最後の模試の判定はなんだった?

応:A or B 。


第16問 人とのコミュニケーションを忘れかけた。メールをしない日があった。

応:むしろコミュニケーションをとらねば生きていけなかった。メールって何だ。


第17問 眠たくなったら、寝る!!

応:人間とはなんとも自分に正直である。


第18問 思い返すとあの頃は充実していたと思う。

応:・・・後悔だらけでしたけど、何か?


第19問 今から受験の人に、一言。


応:今まで勉強してこなかった自分をせいぜい恨むが良い。そして焦燥と混乱の中で足掻き苦しむが良い。(何があったんだ!?


第20問 このバトンをやってほしい同志を3人以上指名しなさい。
    (但し違う高校の出身者を1名は含むこと)

応:・・・だから回す者はいないのでござる。でもとりあえず。

   ・おユキ(見に来てるよね?
   ・アジャナ(来るのか?
   ・AND YOU!!(逃げた



以上。眠たくて仕方の無くてご機嫌斜めな店長でござった。・・・目があ、目がぁあっ!!

ハクナ・マタタ ― 気にするな。 「ライオンキング」!

・・・zzz。
店長とても眠たいでござる。本日もいろいろと忙しかったゆえ、こんな時間しか書き込み出来ないでござるよ。単純に報告させてもらうでござる。



我輩本日は、とある友人からの招待で「少年少女合唱隊のミュージカルコンサート」を観に行ったでござる。

そもそもの始まりは、そのとある友人がそのコンサートに出演すると言う話で、それでは皆の者で観に行こうと言う事になったのでござる。

屯所での勤めが終わり、放課後になってすぐ我々は開催場である「市立美術館」にバスで行ってきたでござる。


しかし。やはり同い年どころか年下の方々でも、その歌声には感動させられたでござる。
始めは知らぬ歌であったが・・・凄かった。次に歌ったのがたしか「ハナミズキ」と「ジュピター」であったな。あのハナミズキは身体がゾクゾクしたでござる。


そして、そのコンサートの最後に短編の「ライオンキング」があったのでござる。
そして、とある友人はそのなかのライオン役であられたな。
しかし驚かされた事に、その中に純華殿の妹殿も出演されておった。しかも、主役・シンバの子役。

にしても衣装が凄い。あんな衣装をいつかデザインしてみたいでござる。
個人的な感想を述べる。大人シンバ&ムファサ&スカー、VERY GOOD。
めっさカッコよすでござった。うむ。とくにムファサ&スカー。

ムファサは・・・役の方がめっさカッコよしであった。もちろん、女性でござる。将来は「宝塚」に挑戦していただきたいな。(おい

そしてスカー。あの服は・・・デジャブを感じた。あれは確か・・・「モンスターハンター(以後略=モンハン)」のナルガクルガの装備に(黙れ


だが、それにも負けていなかったのはやはり、純華殿の妹殿。
あの腰振りは・・・不意打ち!!
腰痛はしないのだろうか・・・否、我輩がやったら必ず腰をやるであろうな。
あれは良い。さすがは姉妹。腰が、違う。(あらま。


後は、最後のスカーとシンバのバトルシーン。(話戻った

いくら「合唱隊」のミニミュージカルとはいえ、あの迫力は身震いした。
それこそ殴りはしないものの、動きがいい。非常によかった。
しかしさすがにシンバの方は、スカーの首を絞めていたがな。はっはっは。


最後に、ひと言。

フンバ&ティモン、最高です。(あれ?




以上。眠すぎて脳味噌機能停止の店長でござった。

明日は・・・回ってきたバトンの処理をしたいと思うでござる。

店長の落書き 第二弾?

おはようございまする。店長は予告どおり早朝から更新でござるよ。


さて。
第二弾、と申すかまともに書いた・・・要は変装そう言うのではなく、もとのままである、絵を描いたので更新するでござる。







                         ren remakes

                     「アニメ塗り(?)でござる!」




ふむ。
以前「バニーガール」に扮していた、レンと申した者でござる。
普段はこういう格好をしている娘なのである。

ついでに面倒臭いのでプロフィールも載せとくでござる。

 
 氏名: レン・オルギス
   年: 17歳
血液型: A
 武器: 銃使い

 身長: 170cm
 体重: 50kg


などなど。・・・「武器」のところはお気になさらずに。
アレであったら、弟の分も載せても良かったと思ったでござる。
とりあえずカラーで載せてみたでござる。



お、もうじき屯所へ出動の時間でござる。

では、さらば!本日一日も、進上されよ!

歯科検診・・・セイ・アス!!

更新遅れたましたでござる!



本日我輩・店長は、屯所の勅令により歯科検診に出陣して参った。


勅令―――― そう。我輩の口内にはどうも、一つ「虫歯」と言う名の刺客が忍び込んでいたそうな。
しかし、痛くも痒くもないのでござる。屯所での検診と言えども、もうかれこれ二ヶ月ほど前の話になるのでござりまする。しかし。

本日我輩、出陣に参った。
近くの、歯科に。


出遭えた先はよく冷えておった。うむ。クーラーとか言うのが良く聞いておったな。
そしてそこの看護婦殿は、何故か我輩の事を覚えてくださっていた。うむ。我輩も覚えておった。

待合で待つことつかの間、ふと我輩はその看護婦殿に呼ばれたのだ。


「虫歯が一つあるみたいねぇ。どこにあるとか、聞いてない?」

「あ~・・・いえ、ちょっとわからないっすね」


ふ~む。これは不覚。我輩に聞かれても、屯所での検診医は隠語しか使っておらん。情けないが、痛みもしない場所を聞かれても、答える事は出来なかった。



それからしばらく。
我輩は名を呼ばれて治療室へ入った。そして専用の椅子に腰掛け、背もたれにもたれて頭を上げる。目上には、道具を携えられたお医者様のお顔があられた。
そしてお医者様はその道具を、我輩の口内へと入れると様子を伺われながらこう尋ねられた。


「―それで?痛い所はないのかね」

「・・・・・・」


別格、黙り込んでいたわけではない。無論当時は診断中でござるに、「はい」と声を発するわけにもいかぬかった。ので、我輩はただ頷いた。


「―ふーむ。虫歯らしい虫歯は見当たらんがね。まあ症候群はありそうだが」


なるほど。もしやあの二ヶ月の間に虫歯などすっかり治っていたのやも知れぬ。
と、思ったのもつかの間、すぐにお医者様の表情は曇られた。
そしてしばらく診断を続けられると。


「・・・君、奥までブラシが届いてないでしょう?」


眉間にシワを寄せられ、お医者様はまず我輩にそう尋ねられた。


「・・・はあ」

「手前はまだ良いとして、両の奥歯― 一番奥の、永久歯が変色しかかっているんだよ」

「へ・・・変色、ですか??」

「そう。左はとりあえず・・・―右は危ないね 」


つまりそれは、腐りかけているとでも申されるのか?!
我輩は「変色」の意味する旨は解せなかったものの、「危ない」と言う言葉に目を見開いた。


「ともかく、まずは歯を削りましょう」

「は、はいぃ・・・」


そして我輩の顔に、目隠し(水が飛ばないようにするタオル)をかけ、治療を始められた。



キュイイイイイイィィィン・・・・・・

ガリガリゴリゴリ、ガッガッガッ、シュイーンシュゥイーン・・・


いつ聞いても嫌な音であるな。そしてあの振動。
痛みさえ感じないものの・・・一番奥の歯を削られているのでござる。決してお医者様の腕を疑っておるわけではないのでござるが・・・その周辺はただの肉にござる。あの、歯をも削り取ってしまうドリルでござる。・・・我輩は並々ならぬ緊迫感を覚えた。


そして、しばらくの集中治療が続き。
我輩はとうとうある問題に直面した。

そう。あのドリルを使う際に必ず溜まる、口の中の水の処理に。








「はーい、もう少し口開けてね。一番奥だからねぇ、ずっと開けてるのはきついと思うけどねえ~」


「口の中に溜まってるこの水を溢さないようにしてる方が、よっぽどきついです、先生!!」

とは叫べぬが、患者の性でござる。
我輩はとにかく下あごの筋肉を駆使して堪えていたでござる。しかしなおも、削れる歯と引き換えにドリルから噴出される水は我輩を苦しめたのでござる。


「うーん・・・、もう少し我慢できる?ごめんね」


「ええ我慢しますとも。だから早くこの水をどうにかしてください」


そりゃあ一番奥ですもの。お心遣いは嬉しいですけども。


「うーん・・・」

「・・・・・・」

ガリガリガリガリがリ・・・
  


「んん?」

「・・・・・・」

きゅいいいいいいいいいいんん・・・


「ごめん。もう少しやけね」


「吐かせてください、先生っ!!」(◎目◎川)



いよいよ格闘も終盤。
口の中で留まっていた水は徐々に、心なしか鼻の方へと流れ込んできていたのでござる。
我輩はさすがに恐ろしくなって、軽く握っていた自らの手に力を込めた。
そこで、我輩はだいぶ心の余裕がなくなってきて、先生に話しかけられる=終ると言う恐ろしい解釈へ走っていったのでござる。
しかしお医者様はそんな事も人知れず、


「よーし・・・ ―もう少しね。

「先生ッッッ!!!」








お願いです先生。思わせぶりはよしてください。










そして。そんな中、やっと思いが通じたのか、歯を削るのは終わりを告げたのでござる。
我輩は口ゆすぎの許可を得、身を起こしてまず紙コップの中の水を含み、中のもの―諸々を全て吐き出した。

・・・むう。リアルにねばっこい。

そして三回ほどゆすぐと、我輩はやっとホッとため息をついた。
我輩がどっと疲れた顔をして背もたれにもたれると、隣で片づけをされていた看護婦殿が振り向きそんな我輩に苦笑いを向け、


「ちょっとゆっくりしとき。大変だったでしょ?」


「ええ、そりゃあもうとっても大変でした。お心遣い、ありがとうございます」


苦笑いさえも時には、女神の微笑みに変わるのでござる。


結構あるものです、女神の苦笑い。



それからお医者様が一度我輩の所に戻られて、

「銀歯を詰めた方が良さそうだから、型をとりますからね」

と告げられ、お医者様の代わりに、何だかベテランそうな看護婦殿が我輩の隣で、何かを練っていたのであった。そしてそれを練り終わると、

「じゃあ型取りますんで。大きく口を開けてくださいね」

そして練っていた何かを、削った部分へとくっつける。


「・・・△○□×#$!?


ひと言で言えばそう。

まるで紙粘土を押し付けられた感じ。
むにゅむにゅしておった。・・・うむ。あの感覚は忘れがたき。


それをしばらく押し付けて、剥がす。
むう・・・。余計に余った部分が口の端に残っておるでは無いか。

我輩は渡されたティッシュでそれをこさぎ落としたのでござる。


で。なんちゃっこっちゃありまして。

型を取った後、仮の「ふた」を施してもらい、我輩の戦争は無事(?)幕を閉じたのでござる。






うむ。思ったよりも長い記事になってしまった。申し訳ない。
いい加減我輩も眠たいぞよ。今日はこのくらいにしておくぞよ。(素っ気ねえ・・・

明日の早朝、気力があればアルモノを載せたいと思うでござる。



では。お休みたもれ。

「オリジナル×バニーガール」 ・・・無理だぁああ!!  ~お題の変~

本日は厄日でござりまする。

何故かと申すと、無理難題に挑戦したからでござりまする。

そして。

挫折したでござりまする。・・・挫折の歌を聴きながら。


始まりは、屯所で青鈍殿からお題を承った事からでござりまする。
その題が、そう。

バニーガールを書くこと。(どきゃーん






バニーガールといえば、ウサギ耳のカチューシャをした、なんとも「ぼでぃーらいん」が最大限に出る、アレでござりまする。パーティーとかで、よくありなあの女子でありまする。

それを本日、青鈍殿からお題として承ったのでござりまする。
我輩が「お題を頂けぬであろうか」と尋ねたところ、話の成り行きでバニーガールに突入したのでありまする。

しかし。
我輩にとって・・・アレほど難しいものは無いのでござる!(あらま。
であるが書くものが無い故に・・・とりあえず書かせてもらったでござる。





                          バニーレン

                          ・・・・・・・・・・・・・。





 きえええい!!何がバニ子じゃいっっ!!

・・・これ、どう見たって「グラビア」じゃんよ。―ウサ耳生やしとけば、それでええんじゃいっ!!(素
全てにおいて、どなたか介錯を申し上げまつりつる。そしてバニーガールとは何とぞか、教えてくだされ。


この者も一応、紹介兼ねて我輩の「MYキャラ」の一部でござる。・・・こんなで紹介されるなど、我子ながら可哀想でござる。
名は「レン」と申す。以前のMYキャラ共同様、同じ次元の者にございまする。
立場的にはメインキャストになりまする。なんたって・・・主人公の姉上でありますもの。(ごめんねお姉ちゃん
根は頼れるしっかり者の姉上であるに、いくら「小悪魔的存在」の彼女でも、さすがにこれは・・・。










青鈍殿、我輩本日、厄日でござりまする。
故に。
切腹の介錯役を申し入れたてまつる。(あれー

の、代わりに。

リクエストの方、頑張らせてもらいまする。


以上。(ごめんなさい、青鈍さん・・・

「オリジナル×モンスターハンター」 to 誕生日編!

楽しい!本日は実に楽しい!!祝日だ、祝日であるぞっ!!




と・・・まあ、朝からやたらハイテンションな店長でござる。何たって本日は・・・


青鈍愚殿の御誕生日なのだからな!!フハハハッ!ゴホッゲホっ・・・

なにより嬉しいかぎりでござりまする。うむ。故にテンションが高いのでござる。
よってここに、


誕生日祭を開催するっ!!(派手やな~


本当はネタが無いだけなのでござるが。

と申すか、青鈍殿のためにパソ絵を書いたので、せっかくであるにここで公開しようかと。

題して、「おっきなライオンさんとビストロあんちゃん」でござる。





                       teo&vodka

                       LET‘S クリック!
  

うむ。何処から解説しましょうか・・・でござる。

まず、青鈍殿の星座からちなんで「おっきなライオンさん」を書いたでござる。ちなみにこのライオンはモンスターハンターに出てくる「テオ・テスカトル」と言う、まるで人名のような名前のモンスターでござる。ちなみちなんで、このモンスターは・・・我輩の好いている者でござる。(笑

そして「ビストロあんちゃん」は、(やっぱり)我輩のMYキャラでありまする。先日の「ご挨拶絵」の少年と同物語の登場人物でござる。恐らく、後に再び出そうと思っておりまするが、立場的には・・・ぶっちゃけ脇役なのでござりまする。ついで、この者の召し物も立派なモンスターハンターの「ビストロシリーズ」と言う装備なのでござりまする。(苦笑

しかしまあ・・・わざわざこの者を書いたのにはいろいろと理由があるのでござるが、とりあえず秘密でござる。


して。
我輩が朝からハイテンションな理由は、これでござりまする。
はやく青鈍殿に差し上げたく・・・うずうずしておりまするっ!!(落ち着け





ふーーーむ。
一通り打ったら落ち着いたでござる。本日も・・・乗りで打ってしまったな・・・。変な事を申してはおらなかったか・・・。ま、良いでござる。
独りで盛り上がったのは良かったものの・・・さすがに恥ずかしいものが。



青鈍殿、これを読まれたならば・・・とりあえず切腹は勘弁申し立てまつる。さらば!

店長の落書き、第一弾!

 むう・・・、お早うござりまする。今頃になって眠気が・・・。

 昨夜、投稿用の絵をパソコン塗りしてきましたでござる。パソ絵の投稿は久々ですけん、少々おかしくなったでござる。とりあえず、「ご挨拶絵」でござる。






                       toukou flod_convert_20080726092049
 
                     ↑クリックしてみてくだされまし。↑





とりあえず、我輩の書いておるとあるSF的なファンタジー小説の登場人物を乗せましたぞ。名はフラッドと申す。立場的には主人公。こう見えても一応男児なのでござりまする。

にしても・・・サイズ大きすぎて縮小したら、画像荒!!

あるまじき、でござる。
昨夜あんなに頑張ったのに・・・!!これからは元絵を小さくしてから塗るでござる。精進するでござる。

残念ながら昨日の「三次元、襲来」の重ねたキャラは後ほど公開するでござる。・・・決して期待だけはせぬよう。

あと、良かったらリクエストたるものを募ろうかと思いまする。
と申しても我輩は気分屋・・・。その気にならなければ書かない横着者でござる。
されど「リクエスト」されるのは大歓迎でござる。

ただし。


版権者(物)はほぼ、描けぬに等しきけり。(ダメじゃん


ので。

ちなみに我輩は「少年漫画」系の絵が得意である。と申すよりも、男児が得意である。
女児は時と場合によりまする。・・・あまり、描けないので。

大半のリクエストは力不足ゆえ聞けない(むしろ聞かないのかもしれない)が、よければ「コメント」時にしれりと書いてくだされ。

初陣バトンでござるぴょーーん!!Σ(◎д◎;)

純華殿より頂きました、初陣バトンでござるぴょん。
一度「バトン」と言うものをやってみたかったゆえ、誠にありがたいぴょん!




・これが回ってきたら次に書く日記の語尾全てに「ぴょん」「うさ」をつけなければならない
・一人称は必ず「ラヴィ」にする
・日記の内容自体は普段書くような当たり障りの無いもので構わない
・日記の最初にバトンを回す5羽を記入するのを忘れないでほしい
・既に回されたことある人でも回されたらやる
・回された人は3日以内に答える
・アンカー禁止
・嘘偽り無く答えること
・回した人は回された人がルールを守ってるか確認に回ること
・守ってない場合は罰ゲームを考えてやらせること


上記がこの内乱の戦法(法則)でござるそうなぴょん。でなければ切腹との事ぴょん。(はい?


☆まず回す人を5人指名する

・・・指名できるような方をご存知の方は、この哀れな野良兎にニンジンをくれぴょん。
早速の切腹は勘弁でござるぴょん。願わくは・・・「くまさん」でいいぴょん。思い付きだぴょん、誠に申し訳ないぴょん。(来るかな~?


☆貴方の名前は?


店長・笹丼でござるぴょん。正式には『丼だけ屋・明日をも見つめる・雇われ店長・笹丼』であるぴょん。でも、面倒臭いので店長なのだぴょん。


☆何歳?


世間では十五歳と謳われておるぴょん。魅惑のティーンエイジャーだぴょん。


☆好きなものは?


代表的なものはプロフィールに書いておるぴょん。とりあえずラヴィの趣味を紹介するぴょん。

RPG&ハンティングゲーム、イラストを描くこと、小説を書くこと、ピアノを弾くこと、音楽鑑賞、音楽作成・・・等


☆貴方の好きな漫画・ゲーム・小説・映像は?


漫画は「ピースメーカー異聞&鐵」や「パンドラハーツ」。

ゲームは断然「モンスターハンター」だぴょん!!あと「ICO」とか「ワンダと巨像」とかぴょん。

小説は・・・「水域」・「ドラゴンラージャ」・「聖戦ヴァンデ」・・・山ほどあるぴょん。

映像は「ゲームのプロモーションムービー」!!(あらま。


☆好きな食べ物は?


辛い物全般(チリ系は無理だぴょん)、豚肉&鶏肉、弁当の中でみずみずしさを増したブロッコリー、ザーサイ、サラミ、シャケ・・・等などいっぱいあるぴょん♪


☆好きな音楽は?


福山雅治。

の、乗りの良い曲であるぴょん。(汗
あとはジャズなどが大好きぴょん。でも何よりゲーソンだぴょん!(激痛


☆最後に回す人のイメージカラーを教えてください


くまさんのカラーぴょん?うーむ・・・ぴょん、水色辺りでありまするぴょん。

一日目にして素晴らしきネタ(?)発見!!でござる。

ただいま、学校と言う名の戦場から帰還してきたでござる。
本日一日目と言う事で、結構テンション上々でござりまする。

さて、本日の独り言は我輩が通学途中で出会った素晴らしき人の話をしよう。
と言っても、この話が通ずる方は少ないかもしれませぬが、まあ、ここに訪れる方の大半は恐らく通ずるでありましょう。

本日の、朝のことであります。
 我輩はいつものように通学に使っている電車を降り、改札口へ行ったのでござります。そして定期券を改札機へ通し、取り、いつものようにすり抜けたでござります。改札口の目の前は既に外に通じており、他校の学生や一般ピープルがいつものように行きかっておりました。その改札口を抜けた先の道に、既に我輩の通う学校は見えておるのでございます。
 そして我輩はと言うと、いつものように進行方向へ身体を、視線を向けたのでござります。その先にあるものはきっぷ売場で、そこではいつものように一般ピープルの方々がきっぷを買い求めておったのでございます。日常何ら変わりないその風景の中、この我輩の目を釘付けた者が現れたのでござります。

 その方は恐らく―否、あの風貌からして絶対に外国人でございましょう。
 別に外国の方が珍しいとかそういうのではありませぬ。むしろそういうのは現代の国際化された大日本では既に当たり前の(?)風景なのであります。
 ただ、その外国人の方と言うのが・・・





メラ長身&素晴らしきアゴヒゲ&金髪ウェーブ&その髪を後頭部で一つにくくっている、ナイスガイな男性だったのでござりまする!!





こ・・・これは?!さすがの我輩でも、不覚でござった。
ただでさえウェーブのかかった髪の毛やらナイス・アゴヒゲが大好きな我輩にとって、あれは刺客とも言える御方でありました。


しかし、我輩を射止め、歩みを止めさせた(おや?)原因はそれだけではござりませんでした。

先に申し上げるでござりまする。
我輩、良くも悪くも「MYキャラ」と言う者を持っておりまする。
そして、そのMYキャラの中でも結構気に入ってたりするのがいるのでござりまする。(痛)



               で。




そのキャラの特徴を簡潔に申し上げますると、

                    其の一、設定身長190cm。(無駄にデカっ)
                    其の二、アゴヒゲ。
                    其の三、金髪ウェーブ。
                    其の四、その髪を後ろでくくっている。
                    其の五、無論、男性キャラ。








           三次元、襲来。











つまり、そういう事などでござりまする。
くれぐれも「末期だ」とはおっしゃらないで下され。それはもう、痛いほど判っておりまする。
しかし。

三次元、襲来。

遺憾。これは非常に遺憾でござりました。
顔は横顔のみしか拝見できなかったでござるが、ここまで瓜二つだとは思いもよらず。

結構いるものです。瓜二つ。

それからと言うもの、学校についても我輩は壊れたままでござりました。我友よ、誠に申し訳ございませぬ。




と。とりあえず我輩・店長の本日の語り部は終わりにしまする。読まれた方、訳の分からぬ文章であられたか。しかし、これこそが独り言なのでござりまする。



では、これにて。
またのご来店をお待ちしておりまする。     ※このお話はもちろん、ノンフィクションです(笑)。

回天回転、フル開店!

へい、いらっしゃいでござる!我輩、雇われ店長の「笹丼」でござりまする。我輩め、誠に気分で始めた店でござりまし、またこういう者も初めてなのでいろいろと無礼を働くやも知れませぬが、どうぞここを覗かれた貴殿方、良ければ相手をしてくだされ。

いらっしゃいませ、でござりまする!



ようこそ、『笹丼亭~DAYS~』へ!(^∀^)/


どうも、気まぐれ管理人の『笹丼店長』(ささどんてんちょう)でござります!

このブログは我輩=笹丼が、ほぼ気まぐれに自己満足で経営している超小規模アジトでござりますw なので無駄にテンションが高かったり、いつの間にか一人だけの世界に入っていても、温かい目で見守ってくださると嬉しいのですよ!(≧v≦)


そしてですね、主な活動はですね。

・長々と日常について呟く。
・嫁についてヒートする事もある。
・自分で描いたイラストを載せる。
・自分で創った音楽・動画を発表する。
・たまに変な小話を書くかもしれない。
・まあとりあえず、色々やってますよ。

等など・・・でござります。まあ経営してる我輩が我輩なので、いろーんな事をいろーんな風にやっております。

え?経営の目的?そうですね、しいて言えば「遊びに来てくださっている皆サマに、楽しんでいただくこと」でござりますね。あとは暇つぶしのオトモになれれば光栄ですww


あ、そして当然の事ながらですが注意事項!
このブログ内の、文章・イラスト・画像などの無断転載非常識なコメント厳禁ですぞ!特に非常識なコメントについては、予告無しで削除させていただきまする。(こちらの判断により、程度が著しい場合は「通報」をすることもあります。)

*「お礼絵」や「リクエスト絵」や「提供線画」など、こちらが転載・お持ち帰りを容認している物はOKですよ!こちらが容認していない物で転載・お持ち帰りを希望される方は、「コメント」にてご相談くだされ!


で・・・こういうのってこんな感じでよろしいのですかな?(・ω・;)
ってなことで、我がアジト『笹丼亭~DAYS~』を、よろしくお願いしまする!(慶

ごゆっくりどうぞ~ww(≧v≦)ノシ



*以下(追記にて)、カテゴリーについての解説・分類を書いています!
 「いっぱいあって、なんだか良く分からないなあ」という方は、ぜひご覧あれっ!

続きを読む

店内近況
気まぐれ店長・笹丼が、本日も私信調時々ナルシズムに、「呟 絵 音 狩」をクリエイトしているアジト。
twitter連動記事「今日もツイってんなう!」は2015年12月31日を以って、更新停止しました。このブログ完全放置プレイになる?そうですね!!←

※画像はサムネイル表示です。画像をクリックすると大きい画像で見れます。
*-*-*-*-*-*-*-
てことで、ちょっと分かりやすいように、手打ち記事の一番新しいのはコチラですよっとw↓
『更新ためてたモンハン作品のまとめUP!』(2011.6.18)


↓ブログについてはコチラをお読み下され!
「ブログについて」(別窓で開きます)
Let`s モンハン!!
総合来場客数
最新記事
最新コメント
記事検索フォーム
当てはまりそうなワードを入れてみそ!!
カテゴリ
月別記事一覧
別館の方とかで気になった記事を、月別から探せまっせ!
ツイッター@つぶやき &
pixiv@ブログログ (09'11'01~)

絵はクリックしたら詳細が見れるぞ!


店長生態記

笹丼店長(師走二八)

Author:笹丼店長(師走二八)
「3オチしても挫折はするな!」

星座は山羊座、血液型はAB型。
思考回路は少年<オッサン、たまにオトメ。
好きなものはモンハン全般、魔法とか竜とか武具とかファンタジックな物。
最近は完全にツイッターの方が拠点であり、ブラウザゲーム「刀剣乱舞」ばっかりやってる。合間でモンハンもちみちみ。

イラストは、版権>オリジナルの傾向に移りつつある。
モチベーションの消費期限と時間が足りないと言い張って、創作活動自体は少なくなってきてはいるが、その時ハマッたアニメやゲームの絵を描いてはなんとか繋いでいる。

*-*-*-*

副店長:師走二八 (しわす ふうや)

分身であり、ブログ外での顔。
師走での活動がほぼメインになっている。音楽投稿サイト『muzie』にて「MUSICA de FONDO」というアーティスト名で音楽作品を展開中。ゲーソンっぽいBGMが得意で気が向けば作る。しかし大半はお蔵入りで、UPに至るには納得と自信が必要不可欠。
オリジナル曲「NOT ALLOW IT」を、育成型ゲーム情報バラエティ番組『茶茶茶』様のエンディングテーマに採用していただき、なんとも誇らしげ。




*-*-*-*
ブログについてリンクフリーです。相互もウェルカム。たくさんの絵師様や狩人と繋がる事が夢。気軽に声をかけてくだされ!

特別リンク
リンク
バナーリンク
スペシャルでありますよ、スペシャル!!

幻想堂
しいたけ様のサイト



あず漫画研究会HP

a-45.jpg


鳥の巣スタジオ
大鷹様のサイト
banner2.jpg


週刊4コマ「さくさく」【本編】
旗幟真夜様のサイト
本編


4コマ「さくさく放課後」【続編】
旗幟真夜様のサイト
放課後


shiwasu-musix 
自創音楽発信サイト 管理人:師走二八



MONSTER HUNTER PORBLE 2ND G



MONSTER HUNTER 3 (tri-) 
mh3(tri-)_banner_s.gif

モンハン日記
ぽかぽかアイルー村 

banner_02.jpg

ぷりーず、ぽちっとな!
ランキングに参加してみましたでござる。お気に召しましたらどうぞ!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。